医療用ウィッグとファッションウィッグの違い

医療用ウィッグとファッションウィッグの違い

医療用ウィッグとファッションウィッグの違い ウィッグというとひとまとめに考えている人が多いかもしれませんが、医療用ウィッグとファッションウィッグには大きな違いが存在するのです。医療用ウィッグの条件として、まずはJIS規格の基準を満たした品質である点が挙げられます。抗がん剤の治療などが原因によって頭髪が抜け落ちてしまった場合に装着することが想定されているため、直接肌に接する面積が広くなると考えられ、安全面において厳格な基準を設けられているのです。しっかりとパッチテストを行い、皮膚刺激指数の他に汗などによる色落ちがないかどうかを事前に試験しています。
対してファッションウィッグはヘアチェンジなどといったおしゃれを目的として作られたウィッグのため、厳密な品質は求められていないのが実際のところです。多くは人工毛で作られており、オーダーメイドが一般的な医療用ウィッグと比較するとは既製品が多いため、価格は抑えめだといえます。人工毛は摩擦に弱く、乾燥すると絡みやすくなってしまうため、こまめな手入れが必要不可欠です。

お得なセミオーダーサービス

お得なセミオーダーサービス 近ごろでは、病気治療のために放射線療法を受けたことで薄毛や抜け毛に悩んでいる患者が増えてきています。そのような人々が安心して快適に暮らせるように役立っているのが、医療用ウィッグです。医療用ウィッグには、市販品の他にセミオーダーとフルオーダーがあります。自分の頭の形や髪の毛の色に合わせて自由に選ぶことが可能ですので、非常に頼りになるアイテムとして親しまれているのです。
予算の範囲内でリーズナブルな料金の医療用ウィッグを求めている患者たちの間では、セミオーダーサービスが人気を集めています。自然な状態に仕上がりますので、周りの人々の視線を気にすることなく毎日使い続けることができる点が魅力的です。このように、病気を克服するために抜け落ちてしまう髪の毛をいつでも綺麗な状態に保ってくれる医療用ウィッグは、子供から大人まであらゆる年齢層の男女から真っ先に選ばれているのです。通気性が良く快適な使用感も信頼を得ています。