理想の医療用ウィッグに

理想の医療用ウィッグに

理想の医療用ウィッグに 抗がん剤や脱毛症などにより医療用ウィッグを使うことになったとしても、ヘアアレンジは楽しみたいと思う方は少なくありません。
その場合は、耐熱性の医療用ウィッグを選ぶようにしましょう。そうすれば、自分好みの形にアレンジすることが可能になります。例えば巻き髪にしたい場合は、通常の髪の毛と同様、ホットカーラーやヘアアイロンで巻き髪にすることができます。また、医療用ウィッグは使い続けているうちに髪の毛が縮れてきてしまいます。もし縮れが気になる場合は、ヘアアイロンでまっすぐに伸ばすことも可能です。ただし耐熱性でないものの場合は、毛が溶けてしまう恐れもあるので注意が必要です。
病気により髪の毛が抜けている場合、頭皮も敏感になっています。形を整える際は、専用のウィッグスタンドに立てて行うのがおすすめです。ウィッグだからといって、ヘアアレンジも楽しめなくなってしまうわけではありません。毛の素材にさえ気をつければ、自分好みのヘアアレンジを行うことも可能なのです。ぜひ自分に合った髪型にアレンジして、おしゃれをもっと楽しみましょう。

医療用ウィッグを上手に保管する方法とは?

医療用ウィッグを上手に保管する方法とは? 大切な医療用ウィッグですから、できるだけ長く、しかも良い状態で使用したいと思います。そのためには、正しい方法で保管しておくことが必要です。
勧められている方法は、洗髪や適切なメンテナンスを行なった後に医療用ウィッグをしっかり乾燥させ、スタンドやウィッグ台などに乗せて置いておくというものです。これによって形が崩れるのを防止でき、頭の丸みがある自然な形を保つことができます。その際、なるべく通気性の良い所で保管するのがポイントです。仮に医療用ウィッグを机の上などの平らな場所に置いておいたり収納ケースなどに入れておくとすると、髪の毛に変な癖がついたり折れ曲がったりしてしまい、修復するのが大変になるため注意しましょう。さらに一定の期間使用しない場合であれば、医療用ウィッグを綺麗に洗髪して汚れを落としてからしまっておくようにします。こうするなら、ウィッグに残っている汚れを綺麗に落とすことができるでしょう。